サーバーとドメインのセット契約の注意点

レンタルサーバーには、

  • 独自ドメインとサーバーを一緒に契約すれば、ドメイン料金が1円!
  • キャンペーン中にサーバーを申し込めば、独自ドメインが無料!

といった、セット契約のものがあります。

実質、値引き販売ですので、利用者にとっては、お得なのですが、ちょっとした注意点がありますので、記しておきます。

移転元サーバーが、セット契約の場合

移転元サーバーが独自ドメインとのセット契約の場合、ドメインの名義(管理者名)が、サーバー会社になっていることがあります。

そのサーバーから移転しない(出ない)のでしたら、ドメイン管理画面にさえログインできれば、そのままでもまったく問題ないのですが、サーバー移転をする場合は、ドメインの管理者名を自社(自分)に変更し、サーバーとドメインの契約を切り離しておく必要があります。

移転先サーバーが、セット契約の場合

これまでプロバイダーやサーバー会社のドメインで運営していたサイトを、独自ドメインで運営するためにサイト移転する場合、支払先を1つにまとめるために、サーバーとドメイン管理を同じ会社にすることは、よくあります。
そして、どうせなら、お得なセット契約のある会社を選ぶ、といったことも多々あります。

ただその場合、ドメイン料金が、サーバーを使用している限りずっと無料なのか、それとも、1年とか2年の期間限定なのかは、事前に確認しておきましょう。

また、契約後、初期状態のまま何もしなければ、ドメインの名義がサーバー会社のままといったケースをよく見かけます。
ドメインは、「商標」に似た役割もありますので、自社(自分)名義にしておくのが基本です。できれば早めに、管理者名を自社にする手続きをされることを、おすすめします。