コーポレートサイトは独自ドメインが使えるサーバーへ移転しましょう

ホームページ(Webサイト)を置いているサーバーは、不都合が無ければ、「そのまま続ける」のが一番で、仮に多少の不都合があったとしても、自動車の「車検」のような安全基準も、「何年経ったからそろそろ」といった年数による目安もありませんから、不都合を気にしないで使い続けるというのも悪くはありません。

ただ、そうは言っても、「サーバー移転の目安」的なものは、いくつかありまして、以前お伝えした[メールアドレス追加で料金が上がるサーバーは乗り換えましょう]に続き、今回はその2つめをお伝えします。

コーポレートサイト(企業サイト)は、独自ドメインで

コーポレートサイト(企業サイト)とは、企業が運営するサイト(ホームページ)のうち、顧客・取引先・採用希望者・投資家等に向けて、自社の情報を伝える(情報発信する)役割を担っているサイトです。

それに対して、特定の目的・サービス・商品に特化したものは、「サービスサイト」「サテライトサイト」「ショッピングサイト」「オウンドメディア」などと呼ばれています。

もし、現在、このコーポレートサイトのURLが、自社の独自ドメインでなく、

  • http://www.xxxxx.co.jp/kaisyamei/
  • http://www.xxxxx.co.jp/~kaisyamei/
  • http://kaisyamei.xxxxx.co.jp/

のような、インターネット接続プロバイダーやサーバー会社のドメインの場合は、今すぐ、独自ドメインを取得しましょう。

そして、今お使いのサーバーが、独自ドメインでも運営可能なら、すぐに、その設定をしましょう。

また、もし、今お使いのサーバーでそれができない場合は、他のサーバーへの移転を検討されることをおすすめします。

独自ドメインとは?

ドメインというのは、インターネット上の「住所」のようなもので、今ご覧のこのページでいうと、「surv.co.jp」が、それにあたります。メールアドレスの、@の後ろの部分も、ドメインです。

「住所」ですから、同じものは世界に1つです。
プロバイダーやサーバー会社が提供しているドメインと区別する意味もあって、「自社(自分)だけのもの」を強調して、「独自ドメイン」とか「オリジナルドメイン」と呼ばれています。

ちなみに、「sitemove.surv.co.jp」は、ドメインの枝番的なもので、サブドメインと呼ばれています。

自社のURLが、インターネット接続プロバイダーやサーバー会社のドメインということは、それらの会社の独自ドメインを借りる、つまり「住所」を借りているということですので、郵便箱を間借りしている、とも言えます。

個人で利用するのでしたら、それでまったく問題無いのですが、ビジネスで、よその会社の郵便箱を間借りしているというのは、お客様や見込み客に、どう思われるでしょう。

また、ドメインには、「商標」に似た役割もあって、それ自体が「ブランド」であり、しかも「早い者勝ち」ですので、他社に勝手に使われないためにも、コーポレートサイトは、独自ドメインの方が良いです。

サーバー移転のすすめ

インターネット接続プロバイダーやサーバー会社によっては、設定するだけで、つまり、サーバー移転をしなくても、独自ドメインのサイトを運営することができます。

今お使いのサーバーで、それが可能でしたら、すぐに、その設定をしましょう。

しかし、もし、それができないサーバーだったら、これを機に、サーバー移転を検討されることをおすすめします。

そう言われても、よくわからないし・・・

という場合は、[サイト移行についてのご相談]から、お気軽にご相談ください。

ご契約中のお客様専用サポートダイアル048-481-1399お問い合わせ・お見積り依頼は、ご予約フォームからどうぞ。

ご相談・お見積りお気軽にご予約ください。