独自SSLが無料のレンタルサーバー

Google Search Console から「Chrome will show security warnings on http://~」というタイトルのメールが届くようになってから、

独自SSLを無料で使えるサーバーに、移転したい
どのレンタルサーバーが、無料?

といった問い合わせが増えてきました。

そこで、現時点で、

  • 独自SSL(ドメイン認証SSL証明書)を無料で使えるレンタルサーバー
  • 無料の独自SSL(Let’s Encrypt)をサーバー管理画面(コントロールパネル)の設定だけで手軽に使えるレンタルサーバー

を、リストにしてみました。参考にしていただけたら幸いです。

HTTPS移行(常時SSL化)
SSLとは?

無料で独自SSLを使えるレンタルサーバー

下記は、2017年8月23日現在、独自SSLを無料で使えるレンタルサーバーと、無料の独自SSLをサーバー管理画面の設定だけで使えるレンタルサーバーです。

情報は、できるだけ更新していく予定ですが、ご覧になられた時期によっては、最新ではない可能性もあります。正確な内容は、ご契約の前に、必ず、各社の公式サイトで、ご確認お願いいたします。

すべて、当社が使ったことがあるサーバーです。

KAGOYA
KAGOYA「マネージド専用サーバー」または「共用サーバーS31」
RapidSSL(ジオトラスト社) 契約中ずっと1つ無料
詳細
XSERVER
エックスサーバー 全プラン
Let’s Encrypt
詳細
wpX
wpXレンタルサーバー、wpXクラウド 全グレード
Let’s Encrypt
詳細
CORESERVER
コアサーバー(新規募集サーバー、および、リニューアルメンテナンス後のサーバー)
Let’s Encrypt
詳細
mixhost
mixhost 全プラン
COMODO(コモド社)
詳細
LOLIPOP
ロリポップ! 全プラン
Let’s Encrypt
詳細
さくらのレンタルサーバー
さくらのレンタルサーバ 全プラン
Let’s Encrypt
詳細