サイト移転とSEO

サイト移転(ホームページ引っ越し)を考えたとき、

  • これまで行ってきた SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)はどうなるの?
  • SEO的に、何らかの影響はあるの?
  • 特定のキーワードで検索したときの順位は、下がらないの?

といったことは、サイト移転前の3つの心配事にもあるように、大きな不安要素で、質問をいただくことも多いです。

これについて、Googleが、Search Console(旧・ウェブマスターツール)ヘルプの「サイトの移転とは」というページで、下記の2つのケースに分けて解説していますので、それに沿って記したいと思います。

(ご存知の通り現在の日本では、GoogleとYahoo!が検索サイトのシェアを二分しているのですが、それらで動いている検索エンジン(システム)は、どちらもGoogleのものですので、サイト移転時のSEOについては、Googleの情報が「標準」と言ってもかまわないと思います。)

  1. URL の変更を伴わないサイト移転
    ウェブサイトをホストする基底のインフラストラクチャを変更しますが、URL の表示は変わりません。たとえば、www.example.com を別のホスティング プロバイダに移転するが、サイトのルート URL は www.example.com のまま変えない場合です。
  2. URL の変更を伴うサイト移転
    ページの URL が変更されます。次に例を示します。

    • プロトコルの変更 – http://www.example.com から https://www.example.com
    • ドメイン名の変更 – example.com から example.net
    • URL パスの変更 – example.com/page.php?id=1 から example.com/widget

URLの変更を伴わないサイト移転時のSEO

サーバー移転の前後で、URLがまったく変わらない場合は、上記リンク先の解説にもあるように、正しい手順で引っ越しすれば、検索結果への影響を最小限に抑えられますので、ご安心ください。

ただ、移転先のサーバーが極端に遅いと、そのスピードの問題で、検索結果の順位が下がる可能性がありますので、サーバー選択の際は注意が必要です。

URLの変更を伴うサイト移転時のSEO

URLが変わるサーバー移転の場合は、上記リンク先の解説にあるように、正しい手順で引っ越し、適切な設定(「.htaccess」を使って「301リダイレクト」)をすれば、検索結果への影響を最小限に抑えられます。

ただし、サーバーの仕様で、「.htaccess」を使うことができない場合は、別の方法で自動転送処理を行うため、ある程度の影響はあると思われます。

また、移転先のサーバーが極端に遅いとき、検索結果の順位が下がる可能性があるのは、URLの変更を伴わないサイト移転時と同様です。

なお、「.htaccess」を使っての「301リダイレクト」は、「プロトコルの変更」や「ドメイン名の変更」の際は、比較的シンプルなのですが、「URLパスの変更」の際は、場合によっては、新旧URL対応リストを作って細かく設定する必要がありますので、けっこう時間がかかることもあります。
 

あなたのサイトが、どれに当てはまるのか?サイト移転の際、何をすれば良いのか?といった個別の件につきましては、[サイト移行についてのご相談]や[サイト移行のための現況調査&プラン作成&お見積り]で、調査してから、お答えさせていただきます。