サイト移行で、サーバーのパスワードが不明なとき

サイト移行が可能かどうか判断するための、2つめのチェック項目は、サーバーの管理画面にログインできるか否かです。

ここで言うサーバーというのは、一般的には(大手企業やIT企業、その他特殊なケースを除けば)

  1. ホームページを置いて一般公開する、Webサーバー
  2. メールのやり取りを行う、メールサーバー
  3. CMS(コンテンツ管理システム)等のプログラム(アプリ)で使っている、データベースサーバー

で、会社(自宅)の引っ越しに例えると、それぞれ、

  1. 事務所(家)
  2. 電話設備
  3. 倉庫

といったイメージでしょうか。

これらを、ひとまとめにして借りられるのが、いわゆるレンタルサーバーです。

そして、「サーバーの管理画面にログイン」できるか否かというのは、それらの場所に入る(開ける)ための「」がお手元にあるか無いか、ということになります。

会社(自宅)なら、当然、社内(自宅内)にありますよね。

ところが、サーバーの場合は、意外に手元に無いことが多いようです。
 

そして、サイト移行に際し、現在のサイト管理会社やホームページ制作会社に、サーバーの管理画面のID・パスワードを請求したとき、

○○なので、お伝えできません。

という答えが返ってくることも、信じられないかもしれませんが、けっこうあるのです。

先方が教えられない理由(上の○○の部分)として挙げてくるのは、大多数が「契約書に記してある」で、その他は、なんか言ってるけど意味不明な言い訳です。
 

サイト管理会社やホームページ制作会社の各社それぞれ、理由もあるかと思われますが、これまで見せてもらったメールから察しますと、

  • 現在のサイト管理会社やホームページ制作会社が、1つのIDで、複数の顧客のサーバーを管理している
  • なので、教えたくても教えられない
  • 特定の顧客のサーバーだけ別のIDに移すのは、それはつまり、サーバー移転作業をするのと同じことになりますので、別途費用が発生してしまう

といった感じのようです。

サーバーのパスワードが不明なとき

サーバーの管理画面にログインできないとき、通常のサーバー移転はできませんが、サイトの移築等の方法で、サイト移行できる場合もありますので、あきらめずに、ご相談ください。

サーバーの契約は、自社で行うことが必須

当社では、契約関係については、全て、代行はしないで、サポートのみ行っております。

その理由は、多少面倒でも、お客様ご自身で直接契約された方が、「鍵」を自社で管理することになりますし、将来、改装・増築・減築・移転等、何をするにしてもスムーズにでき、支払先とサービス提供会社(サーバー会社)が一致してわかりやすいので、結果として、お客様のためになると考えているからです。