Webサイト(ホームページ)のサーバー移転の一環で、データベース(主にMySQL)の引っ越しのご依頼も、増えてきました。

WordPress や Movable Type といった、CMS(Contents Management System:コンテンツ管理システム)の移転ではもちろんですが、CGI(common gateway interface)やPHP(Hypertext Preprocessor)などのプログラムでもデータベースを使っているものが多く、一緒に移転しています。

そして、

ファイルやプログラムの移転は自力でできたけど、MySQLは、移転途中でエラーが出たり、文字化けして、うまくいかないので、MySQLの移転だけ代行してしてほしい

というケースもあります。

ご存知の方も多いと思われますが、MySQLの移転は、移転元のMySQLバージョンと移転先のMySQLバージョン、移転先サーバーのシステム環境等によって、文字化け等のトラブルは、よく起こります。
移転先サーバーによっては、うまく移転できない場合もあります。

そこで、データベースを詳しく調査し、技術的に可能であれば、その移転を代行するサービスをご用意しました。

具体例1

移転元:専用サーバー、MySQL3.23.xx、EUC
移転先:専用サーバー、MySQL5.0.xx、EUC
移転元でエクスポート(バックアップ)したデータを、移転先にインポートしたところ、データベース内では正常なのに、プログラムで表示されるホームページでは文字化け。

⇒ root権限にて、MySQL環境を変更し、さらにもう一工夫して、無事完了。

具体例2

移転元:共用サーバー、MySQL4.1.22、EUC
移転先:共用サーバー、MySQL5.0.xx、EUC
移転元のデータベース内で、すでに文字化け。
エクスポート(バックアップ)データの文字化けを修復してから、移転先にインポートしたところ、エラー発生。

⇒ 文字化けのまま、移転先にインポート。
  プログラムで表示されるホームページでは、とりあえず正常表示。

MySQLデータベース引っ越しオプションの料金

MySQL等のデータベースの移転は、移転可能であっても、その作業の内容と量が、移転元のMySQLバージョンと移転先のMySQLバージョン、さらに、移転先サーバーのシステム環境等によって大きく異なりますので、移転可能かどうかも含め、オプション料金は、[サイト移行のための現況調査&プラン作成&お見積り]にて、お見積りさせていただきます。

ご契約中のお客様専用サポートダイアル048-481-1399お問い合わせ・お見積り依頼は、ご予約フォームからどうぞ。

ご相談・お見積りお気軽にご予約ください。