海外サーバーから日本のサーバーに移転

サイト移行前

長年ヨーロッパを拠点に仕事をし、ウェブサイト&メールに、こちらのサーバーを使用しています。

【問題】

  • 日本語環境のPCで閲覧すると、エンコードを自身で変更しない限り、文字化けする
  • 年間維持料金が円換算で3万円以上、と高い
  • 使えるメールアドレス数は2つで充分なのに、それ以上使えるようになっている

ことから、ドメインとメールアドレスを、日本のサーバーに引っ越しできればと考えています。

4月に東京に出張する予定がありますので、これを機会に解決の糸口を模索できればと検討中です。

サイト移行後

使っていたドメイン管理会社の管理画面が、まともに動かなかったり、
管理会社の電話口に出たオペレーターの言うことが当てにならなかったり、
そもそも、こちらの「国別トップレベルドメイン(ccTLD)」は、どこで管理しても高額だったり(日本での取扱い無し)、
と、いろいろあって、結局、ドメインは、「一般トップレベルドメイン(gTLD)」を日本の会社で取り直すことにしました。

ウェブサイトのURLや、メールアドレスの「@」以降が変わり、取引先に連絡する手間はかかりましたが、ウェブサイトの内容は無事移転され、文字化けも解消されています。
旧サーバーの契約は、2015年1月末までありますので、自動転送処理も入れてもらいました。

新しいメールサーバーは、初期値では、海外からのアクセスを制限していて、MAC、iPad、iPhone の設定が難航しましたが、設定変更でそれも解消し、今は問題なく使えています。
また、新しいサーバーは、メーリングリストが使えて、便利です。

サイト移行後のサポートもありがとうございました。

ここに報告と御礼申し上げます。
どうぞ良い週末をお過ごしください。

O様(著述業)

[ホームページ引っ越しサービス]から補足

上記の通り。当初使っていたドメインは、ドメイン管理会社のコントロールパネルがまともに動かなかったので、別の会社へのドメイン移管(レジストラ・トランスファー)を検討したのですが、

  1. その国のインターネット系企業のサポート窓口とのやりとりは、かなりストレスが溜まる
  2. ドメインメールアドレスは、連絡先の大半を占める日本で、スパム扱いされやすい
  3. webメールの日本語が文字化けすることが多々ある
  4. 「国別トップレベルドメイン(ccTLD)」は、国外(日本)の管理会社に移管できない

といったこともあって、日本の会社で取り直しました。

結果的に、日本のインターネット設備(ドメイン&サーバー)を、海外から使用していることになり、快適になったとのことです。