phpをバージョンアップしたらWarningが出た、直せる?

サーバーでphpのバージョンを上げたところ、「Warning: Use of undefined constant – assumed ‘ ‘ (this will throw an Error in a future version of PHP) in ~」というメッセージが出るようになりました。
直せますか?
可能ではありますが、そのWarningが出ているシステム(アプリケーションプログラム)が何かによって、お勧めの方法が異なります。

パンダの中のパンダさんさんによる写真ACからの写真

今回ご質問いただいたのは、WordPressでサイトを運営しているお客様で、Warningは、WordPressテーマから出ていました。
phpのバージョンを上げたとき、WordPressテーマでWarningが出た場合は、

  1. 市販のWordPressテーマなら、そのテーマもバージョンアップする
  2. 独自制作のWordPressテーマなら、その制作会社に修正を依頼する
  3. phpのバージョンを元に戻す

のが一般的です。
今回のお客様は、独自制作のWordPressテーマでしたので、制作会社の方で修正してくれたようです。

独自制作のWordPressテーマで、且つ、その制作会社と連絡がつかなかったり修正してくれない場合は、弊社で修正代行もできなくはないですが、通常は、phpのバージョンを元に戻すことをお勧めしています。

また、WordPress以外の、独自開発のシステム(アプリケーションプログラム)の場合は、

  1. そのシステムの開発会社に、修正を依頼する
  2. 別のシステム開発会社を探し、修正を依頼する
  3. phpのバージョンを元に戻す

となります。

現在、当社は、その修正代行はしていませんので、お問合せがあった際は、phpのバージョンを元に戻すことをお勧めしています。