WordPress引っ越し時、ワードプレス本体はどうするか

WordPressで制作されたサイトを別のサーバーに引っ越しする際、ワードプレスのシステム本体(WordPressコアファイル)は、[ホームページ引っ越しサービス]では、下記のどちらかの方法で、使えるようにしています。

  1. 引っ越し先サーバーにて、新たに、WordPress本体をインストールする(引っ越し元のサーバーにあるワードプレス本体は移転しない)
  2. 引っ越し元のサーバーにあるWordPress本体を、引っ越し先サーバーへ、そのまま移転する

どちらかにするかは、[サイト移行のための現況調査&プラン作成&お見積り]の現況調査の結果によります。

引っ越し先サーバーにて、WordPress本体をインストール

今お使いの引っ越し元のサーバーで、WordPressのバージョンが最新の場合、または、最新にアップデートしても問題なさそうなときは、引っ越し先サーバーで最新バージョンをインストールする方が早くて確実ですので、引っ越し元サーバーのワードプレス本体は移転しません。

まっさらなWordPressが正常に動くことを確認し、初期状態のデータベースをバックアップしてから、移転作業に入りますので、途中で何か問題が発生したとき、原因追求し易い、というメリットもあります。

最近は、こちらのケースが多いです。

引っ越し元のサーバーにあるWordPress本体を、引っ越し先サーバーへそのまま移転

今お使いの引っ越し元のサーバーで、WordPressのバージョンが古くて、且つ、最新にアップデートすると問題が発生してしまう場合(お客様がご存知のことが多いです)は、引っ越し元のサーバーにあるWordPress本体をダウンロードし、そのまま引っ越し先サーバーへアップロードします。

稀に、引っ越し先サーバーのPHPやMySQLのバージョンとの相性が悪くて、問題が発生することもありますので、そのときはいろいろ対応しています。

WordPress本体をバージョンアップできるような作りに

ご存知のように、ワードプレスシステムの本体(WordPressコアファイル)は、けっこう頻繁にアップデートされています。
理由は、セキュリティの問題解決だったり、機能アップだったり、いろいろですが、常に改善され続けているからこそ、人気があり、信頼されているのだと思われます。

にもかかわらず、

WordPress本体は、バージョンアップしないでください
バージョンアップすると、動かなくなる可能性があります

というのでは、WordPressの大きなメリットを、あえて放棄しているようなものです。

WordPressの引っ越しをするしないに関わらず、もし、今お使いのWorePressサイトで、そういった制限がある場合は、制作会社または制作担当者に、

ワードプレス本体をバージョンアップできるような「作り」にしてくれませんか

と、相談されることをおすすめします。

p.s.

バージョンアップの前には、データベースやファイルのバックアップを、忘れずに。