移転先サーバー選び、UTF-8以外のサイトは文字エンコード仕様にも注意

先日、「シンプルなHTMLサイトを(ご自身で)別サーバーに移転したら文字化けが起こったので修復して欲しい」とのご相談をいただきまして、調査したところ、

  • HTMLファイルの文字エンコードの種類は「Shift-JIS」
  • HTMLファイル内の「meta charset」も「Shift-JIS」
  • スタイルシートのファイルも文字エンコードの種類は「Shift-JIS」
  • FTPでアップロードしたHTMLファイルをテキストエディタで開くと、文字化けしていない
  • どのブラウザで見ても文字化け

という状況で、特に問題は見当たりませんでした。


acworksさんによる写真ACからの写真

移転先サーバーの文字エンコード仕様にも注意

そこで、そのサーバー会社へ問い合わせたところ、

  • そのサーバー(共用サーバー)の文字エンコードは「UTF-8」のみ
  • 「Shift-JIS」や「EUC-JP」には変更できない仕様
  • HTMLファイルを「UTF-8」に変更して、再アップロードするしかない
  • それ以上の話はサポート外

との返答でした。

それを受けて、上記のお客様は、ご自身で、ツールを使って一括変換し、今は正常に表示されるようになりました。

最近のサイトは「UTF-8」が多いですので、移行先サーバーに「文字エンコードの縛り」があったとしても気がつかない(気にしない)のですが、「UTF-8」以外のサイトの場合は、サーバー選びの段階からその仕様に注意が必要ですね。